3月17日 「働くことを支える」シンポジウム登壇を前にして思うこと

秋葉原社会保険労務士事務所

03-5822-7275

住所 / 〒101-0026 東京都千代田区神田佐久間河岸70第二田中ビル52

営業時間 / 9:00~17:00 定休日 / 土・日・祝

ブログ

3月17日 「働くことを支える」シンポジウム登壇を前にして思うこと

スタッフコラム

2018/02/15 3月17日 「働くことを支える」シンポジウム登壇を前にして思うこと

精神保健福祉士の団体から依頼を受けて、シンポジストとして登壇します。先日問い合わせをしたらすでに満席とのことでした。

 

テーマは「働くことを支える」ということです。
産業精神保健福祉分野の精神保健福祉士養成基礎講座として行われるものです。

 

精神保健福祉士やソーシャルワーカーの団体で話をするのは結構久しぶりで、よくよく思い出してみたら2008年以来でした。

私は「働く」ということに非常に価値を置いています。働かずして収入を得るという体験をしたことないのでどんなものかと関心もゼロではないですが、おじいちゃんになっても少しは働き続けていたいと思っています。

 

私の父は昭和15年生まれで、59歳で早期定年という選択をしました。非常に堅実な父でしたので、生活に困らない資産を持っていたのでそういう判断もしたのでしょうけど、それでも結局嘱託で違う仕事をしていました。働くことが負担だったかもしれないですが、働くことに一定の価値も感じていたのかなと思います(お金のこともあると思いますが)

 

前職のEAP時代から、働くということは、どういう意味があるのかと非常に考えさせられていますが、私としては働くことを支えるということは「身近な人の人生を成功させ、かつ、自分を成長させる営み」だと考えています。

 

決して利己的なものではなく、ただ自己犠牲的でもないものではなく(部分的には滅私的な要素はあると思いますが)、両方を満たしたあり方を模索しているところです。

 

3月17日はそのあたりの想いをお話したいと思っています。

 

 

【お問い合わせ】
秋葉原社会保険労務士事務所
電話番号:03-5822-7275
メール:info@aso-ex.jp
住所:〒101-0026 東京都千代田区神田佐久間河岸70 第二田中ビル52
営業時間:【営業時間 9:00~17:00】
定休日:【土・日・祝】

TOP