がんを患ってから今日までのこと②

秋葉原社会保険労務士事務所

03-5822-7275

住所 / 〒101-0026 東京都千代田区神田佐久間河岸70第二田中ビル52

営業時間 / 9:00~17:00 定休日 / 土・日・祝

ブログ

がんを患ってから今日までのこと②

スタッフコラム

2020/07/10 がんを患ってから今日までのこと②

がんは本来の病気も辛いですが、メンタルにとても響く病気です。
そんな時、キャンサーペアレンツ(子を持つ親がガンの患者会 西口代表)に出会いました。
まず、そのような患者会の存在に驚きました。早速ガン友を作り、子供のことなどを話すようになり、励まし合い、助け合い、仲良くなって行きました。そして、代表の西口さんにぜひ会ってみたい!とオフ会に申込み、ご本人にお会いしました。益々そのパワーに驚きました。とにかく明るい!そして、面白い!そしてそして、オフ会の参加者もとにかく明るい!!私よりも重い症状を抱えているのに。
ですが、自己紹介で自分の病気の話や家族の話になると、涙涙・・・そこはみなさん同じ気持ちでもらい泣き・・・どんよりしている私には衝撃的でした。
そうか!大変なのは私だけじゃない。死をイメージして日々を過ごすより、毎日を明るく楽しく生きる方がいいに決まっている。お母さんが後ろ向きだと、子供にも影響してしまう。家の中が暗くなってしまう・・・

 

そして、もっと人間臭くありたい。泣いたり笑ったり、ありのままでいたい。素直に自分を出したい。と思うようになりました。専門病院の精神科で、レジリエンス外来にも参加してみることにしました。
今までメンタルや体力が落ちた時、もう死んでしまいたいと思ったり、ウジウジしていた自分を何とかしたかった!過去の自分を洗い出して、頑張ってきたことや辛かったことを赤裸々に、泣きながら振り返りました。 すると自己肯定感が増し、笑顔で先生にお礼を言い、終了することができました。

 

少しづつですが、自分が変わっていく感じがありました。が・・・やっぱり暗くなってしまうことが。現実の治療の中で明るい兆しが見えてこない。ふたりの子の成長と共に経済的にも益々きつくなり、家を売ろうかと不動産会社に査定もしてもらいました(結局、大事な家を売りに出すのことはしませんでした)。元気が出ない日も多々あり、友達との交流も疎遠になっていきました。

 

ある冬、体が動かなくなりました。寒さだけのせいではありません。

 

学校でガン教育が始まったのです。ある日、長男が保健のテストを持って帰ってきました。その問題がショックでした。
生活習慣病からくる病気を上げなさい→選択肢の中に「ガン」が入っていました。長男は素直に学校で教えられた通りガンを選択し、〇をもらってきました。

 

私はとてもショックで悲しくなり、体調が悪化したように感じました。もともとお酒は弱いですし、出産後は子供と寝起きを共にする規則正しい生活。働きながらも、食事の支度はなるべく手作りをと頑張ってきました。私の場合は専門病院から原因不明と言われています。そういうガン患者は少なくないのです。原因不明のガンもあることが世間で理解されてない・・・

 

気になって気になって・・・そして、ある時、勇気を振り絞って学校に相談することにしました。すると、学校はありがたいことに私の気持ちを理解してくれ、保健の先生も私の気持ちに寄り添ってくれました。そうか、言えば伝わるんだ。

 

自分がガンであることをオープンにすることは、色々なところで、理解されたり、人の支えになったりするのかもしれない。オープンにした方が自分もすっきりしていいのかもしれない・・・と思い始めていました。

 

 

【お問い合わせ】
秋葉原社会保険労務士事務所
電話番号:03-5822-7275
メール:info@aso-ex.jp
住所:〒101-0026 東京都千代田区神田佐久間河岸70 第二田中ビル52
営業時間:【営業時間 9:00~17:00】
定休日:【土・日・祝】

TOP