血管を守れ!②【看護師による健康コラム】

秋葉原社会保険労務士法人

03-5822-7275

住所 / 〒101-0026 東京都千代田区神田佐久間河岸70第二田中ビル52

営業時間 / 9:00~17:00 定休日 / 土・日・祝

ブログ

血管を守れ!②【看護師による健康コラム】

スタッフコラム

2017/07/08 血管を守れ!②【看護師による健康コラム】

血管が弱くなる原因とは?

 

大きく分けて2種類あります。一つは上にも書きましたが動脈硬化です。加齢、高血圧の他、高血糖や塩分過多、脂質過多、アルコールやタバコなどの生活習慣によって起こってくるものです。比較的若い30代40代の方でも内臓脂肪が多く、高血圧や高血糖などがある患者さんだと、血管が弱くなってしまっている事があります。

 

もう一つは、逆に栄養不足によって起こっています。日本人の死亡原因は戦後大きく変化しました。栄養失調だった時代に多かった脳出血は1960年代を境に減少し、1970年代で脳梗塞と逆転しています。(Evidenceに基づく日本人脳梗塞患者の医療ガイドライン策定に関する研究班(2006年刊第1版)第4章 日本人の脳梗塞の変遷より1960年代、日本で低たんぱくを改善するために様々な取り組みが行われたことが脳出血を減少させることに一役買いました。

 

しかし今、食事の孤食化や終わらないダイエットブームによって、また新たな栄養失調のリスクが起こっています。丈夫な血管を作るために必要な鉄分、ビタミンC、たんぱく質などが不足すると血管が弱くなってしまいます。朝ご飯は栄養ドリンク、昼は仕事の合間にパンやおにぎりなどを食べ、夜は買って来たお惣菜とカップ麺、などという食事が続いてしまうとあっという間に栄養失調になってしまいます。

 

栄養失調とはカロリーではなく、内容の問題なのです。

 

 

【お問い合わせ】
秋葉原社会保険労務士事務所
電話番号:03-5822-7275
メール:info@aso-ex.jp
住所:〒101-0026 東京都千代田区神田佐久間河岸70 第二田中ビル52
営業時間:【営業時間 9:00~17:00】
定休日:【土・日・祝】

TOP