こんな人がいる!シリーズ ~なおこさん~ ≪後編≫

秋葉原社会保険労務士法人

03-5822-7275

住所 / 〒101-0026 東京都千代田区神田佐久間河岸70第二田中ビル52

営業時間 / 9:00~17:00 定休日 / 土・日・祝

ブログ

こんな人がいる!シリーズ ~なおこさん~ ≪後編≫

スタッフコラム

2021/05/13 こんな人がいる!シリーズ ~なおこさん~ ≪後編≫

 

=昨日の続き=

 

「とにかく、心配なことを細かく書き出してみたの。ペットボトルも開けられないから、

開ける道具を用意したり、お小遣い帳をつけられるようにしたり。」

 

なおこさんは、すい臓がん(ステージ2)と分かった翌月に手術をしました。

手術で取り除くことはできましたが、なおこさん曰く、

「すい臓がんは再発や転移率が高いの。TS1(術後補助化学療法の抗がん剤内服薬)

を飲んでいても60%程は再発するそうなの。再発すると、もう手術ができないと言われて。

効果的な抗がん剤も2~3パターンしかなくて。再発したら、QOL(クオリティーオブライフ

=生活の質)が下がる可能性が高く、とても痩せちゃうことあって。希望は捨ててないけど、

最善を期待しつつ、最悪に備えるのが大事。私が動けるうちにできるだけのことをしてあげたい。」

なおこさんは涙を流しながら、私に胸の内を語ってくれました。

 

お子さんは、再発の意味が理解できてなく、手術したから、治った。と思っているそう。

少しずつ説明し、自分でできることを増やせるよう、親としての責務を果たそうとしています。

 

がんと分かってすぐは、悲壮感ばかり。何かをしていないと、悲しみに明け暮れてしまう。

だから、がん教育やピアサポートのワーキンググループに入ったそう。キャンサーペアレンツでも

胆管&膵臓がんの会を主宰しています。

「甘くないがんだから、支えあって、励ましあっていないと、いられない。」

更に、発達障害の子がいる会の世話役もしています。その行動力は、今を生きることに真剣で

あるからこそ。

 

「がんと分かって、周りの人に沢山支えてもらった。泣きながら、聞いてもらった。

だから、がんの後輩のために、何かしてあげたい。誰もが味わう経験ではないからこそ、

誰かのために力になりたい、支えになりたい。それは神様からの使命なの。そうでも

してないと、自分がどんよりしちゃうばかりで。忙しくあれこれやっていた方が、

気が紛れる。」

 

たった1年。

その切り替えの早さは、迷っている時間が無いことの現れです。

道なき道を鉈で払いながら、前へ進む。元々持っていた性格や仕事からの学びだとなおこさんは

言います。

 

そして、最近特に気になることは、がんに罹患した男性のメンタル。

「落ち込んでしまって、立ち直れない人が多いと感じるの。女性のように、うまくガス

抜きしたり、弱音を吐くことに慣れてなく、深刻ながんと分かると、メンタルがボロボロに。

患者会の中で30代男性に出会い、ある日、3時間も話をしたの。資格もないけれど、

カウンセリングのようだった。とにかく、孤独で不安な人に手を差し伸べたい、と強く思う

ようになってきて。遠慮せずに、お節介して、少しでも誰かの何かの足しになったら、幸せ。

患者会の若い男性の奥さんが出産を控えていて、放っておけず、奥さんとLINEで繋がらせて

もらったの。いつまで生きられるかわからないから、遠慮してる暇はない。今やろう!

が強くなった。」

 

更に彼女は言います。

「成し遂げたことはまだなんにもない。がん教育(外部講師)のデビューが6月に決まったけど、

その他にも病気をしている子供のために何かできないかと考えていて。コロナで色々な活動が

しにくくなってるけど、がんになったからこそ、仕事だけでなく、誰かの役に立つことをしたく

なって。コロナが終息したら、病院の子供たちに読み聞かせのボランティアなど、やりたいことが

たくさん浮かんでくるの。世の中の誰かのために何かしたい。がんを患ったけど、がん患者だけ

じゃない自分がいるの。いままでの自分の良さを失わずに、私らしく生きていきたい。リミッターを

振り切りたい。」

 

なおこさんの言葉・・・とてもとても響きました。同感、そして脱帽です。

なおこさん、想いをたくさん話してくれて、本当にありがとう。感謝しています。

 

 

YUKO

 

 

 

 

 

【お問い合わせ】
秋葉原社会保険労務士事務所
電話番号:03-5822-7275
メール:info@aso-ex.jp
住所:〒101-0026 東京都千代田区神田佐久間河岸70 第二田中ビル52
営業時間:【営業時間 9:00~17:00】
定休日:【土・日・祝】

TOP