挨拶から感じる「平和」

秋葉原社会保険労務士法人

03-5822-7275

住所 / 〒101-0026 東京都千代田区神田佐久間河岸70第二田中ビル52

営業時間 / 9:00~17:00 定休日 / 土・日・祝

ブログ

挨拶から感じる「平和」

スタッフコラム

2021/10/18 挨拶から感じる「平和」

こんにちは、ムスリム社員のハサンです。

 

 

緊急事態宣言が明け、イベント再開や飲食店の営業制限が緩和されるなど、だんだんとコロナ前の日常に戻りつつありますね。海外旅行などの国際的な移動の制限緩和も、そう遠くはないかもしれないですね。そうすると母語が違う人たちと接する機会も増えてくるのではないでしょうか。

 

 

知り合いに会った時、見知らぬ地で困って誰かに助けを求めようとする時、ほとんどのケースで最初に交わすのは挨拶の言葉ですよね。なので今日は、ムスリム同士の挨拶でよく使われる言葉「アッサラーム・アレイクム」についてお話します。

 

%e3%82%b5%e3%83%a9%e3%83%a0

 

*アラビア語は右から読みます

 

「アッサラーム・アレイクム」とはアラビア語の言葉で、日本語に訳すと「あなた方の上に平安がありますように」という意味です。この言葉は朝・昼・夜の挨拶だけでなく、電話をする時の「もしもし」や別れ際の「さようなら」を言う時にも使われます。返答をする際には「ワ・アライクム・サラーム(あなたにも平安がありますように)」と言います。

 

 

「平安」と訳されたアラビア語の「サラーム(سَلَام)」の意味は、害からかけ離れている、悪いことが全くない状態、らしいです。自分のことだけでなく、相手の「平安(サラーム)」を日常から願うことって、とっても素敵だなって僕は思いました。さらに、「アッサラーム・アレイクム」で、たとえ話す言葉が違っても、世界に18億人以上いるムスリムと会話が始められる、と思うととても大きなつながりを僕は感じました。

 

 

僕がムスリムと出会った時は、国籍や年齢関係なく「アッサラーム・アレイクム」で会話が始まります。東京上野のアメ横にあるケバブ屋さんの前で、そのお店の方に声をかけられた時にも「アッサラーム・アレイクム」と言ったら、お店の方も商品の紹介ではなくて「ワ・アレイクム・サラーム」と喜んで返答してくれました。(ケバブ屋さんはムスリムの方が多いです)

 

 

ちなみに、知り合い同士のあいさつでは省略して「サラーム」っていうこともあります。ムスリムと出会った時やムスリムが多い国に行った際には、ぜひ使ってみてください!

 

 

それではみなさん、

アッサラーム・アレイクム

 

 

*ムスリムは、イスラ―ムの啓典であるコーランがアラビア語で書かれていることから、母国語がアラビア語でなくても、程度の差はあれど、わかる人は多いです。「アッサラーム・アレイクム」は特によく使われるので、多くの人が知ってます。

 

 

 

プロフィール

 

%e4%bc%bc%e9%a1%94%e7%b5%b5

ハサン

2000年生まれ。2019年の大学入学時にイスラームを学び始める。大学一年時に、ムスリム人口が多いインドネシアとマレーシアに短期間滞在。また知り合いのモロッコ系アメリカ人の家庭でホームステイを経験する。20205月に秋葉原のモスク(イスラーム寺院)にて改宗。現在では大学の活動で、大塚にあるモスクと協力して食料品を集めて近隣の子ども食堂に配布する「フードドライブ」を行う。好きな食べ物はカレー。

 

 

 

 

【お問い合わせ】
秋葉原社会保険労務士法人
電話番号:03-5822-7275
メール:info@aso-ex.jp
住所:〒101-0026 東京都千代田区神田佐久間河岸70 第二田中ビル52
営業時間:【営業時間 9:00~17:00】
定休日:【土・日・祝】

TOP