人間は不思議な生きもの

秋葉原社会保険労務士法人

03-5822-7275

住所 / 〒101-0026 東京都千代田区神田佐久間河岸70第二田中ビル52

営業時間 / 9:00~17:00 定休日 / 土・日・祝

ブログ

人間は不思議な生きもの

スタッフコラム

2021/12/27 人間は不思議な生きもの

 

時々、「どうしてかな」「不思議だな」と思うことがあります。自分でも自分のことが、よくわからなくなるんです。(まぁ、そんな時もありますかね。)

がんに罹患してから、3年半ほどが経ちましたが、今の私は今までにない一番よい状態です。そんな今の私が、過去の自分を振り返ってみました。

 

このブログは、「今、この気持ちを書かなければ!」と強く思った時に書き留め、掲載しているのですが、ブログフォルダの中に今年の夏に書いた未投稿の記事があり、読み返してみると、状況が悪かったことがわかり、いろいろと感じることがあります。

 

 

 

 

「最近の私のカラダはとてもだるく、動けないほどの倦怠感の日があります。夏の疲れのせい?忙しさに身を任せていたせい?いつも以上にカラダは重く、なかなか動きません。だからと言って、人との約束をキャンセルするわけにもいかず・・・なんとかしたい状況です。

 

そう言えば、がんと分かって、しばらくの間もそうで、ふいにこの仕事に就く前のことを思い出しました。だるくてだるくて、動けない冬があり、毎日朝から横になる生活をしていました。動けない(?)のか、動きたくない(?)のか・・・当時を思い起こしてみると、やっぱり動けなかったんでしょうね。そんな生活をしていたら、筋肉があっという間に衰えて、あちこちが痛くなってしまいました。これはもう、老化現象です(汗)。

カラダの中心がやけに重くて、床に引っ張られてしまいます。でも、目の前の我が子を見ていると、何とかせねば!と思うのです。

 

今もですが、日によって、相変わらずのだるさがつきまといます。そんな中でも、時々、あれ?どうして?と思うくらい、カラダが軽くなる時があります。考えてみると、それは楽しいことをしているときや、人に会う時の感覚でした。幸せホルモンが出るのでしょうか。自分でも、不思議なくらいそのときは調子が上がっていくのです。そして、楽しい時間を終えて、しばらくすると、また、だるさが戻ってきます。

それはまるで、私のカラダが「人が好き」と言っているようです。そして、これはもしかすると、自分の体調をコントロールできるかもしれない、と思いました。

 

人と会って、ウキウキしたり、楽しいと感じるとき、カラダの中で何かが変化していることを感じます。これはひょっとしたら、私の長生きの秘訣なのかもしれません。

 

更に、毎日の自分の生活の中で、音楽の存在が気持ちを押し上げてくれます。『疲れたなー』『だるいなー』、と思うある日の夕方、音楽をかけて、夕食を作り始めます。重い体を動かすのに音楽がエンジンになるんです。

 

そして、いちばん自分を持ち上げる有効な手段は、身なりを整えることと、気付きました。外へ出られる格好に着替え、髪を整え、メイクをする。不思議とだんだん調子が上がっていくのです。認知症に効果があると言われるメイク。これは想像以上の力だと自分の体験からも感じます。

人と会うための大切な準備の時間。私にとって、今まで感じてこなかった何気ない日常は生きていく上で大切なことと気付きました。」

 

 

 

ほんの数カ月前まで、私はまだこんな状況だったんだと、実は今、びっくりしています。

こんな状況で、家庭以外のこと、仕事や子どもの活動のサポート、自身の気になることを活動として、カタチにしようとしていることや、自分の経験を活かせる場所に全力で協力していくこと、諸々・・・。自分で自分を『よくやってきた』と思えました。

そして、これが私の生き方なのでしょう。

 

時々、近しい方が私を見てこう言ってくれます。

「無理し過ぎないでね。」

おっしゃる通りです。せっかく調子の上がってきたカラダとココロを壊さないよう、上手に自分と付き合っていきたいと思います。

 

本年もブログをお読みいただき、ありがとうございました。

ハサンさんと共同で投稿する新たなカタチも新鮮でした。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

YUKO

 

 

 

img_20210821_1718183111

 

1974年4月17日生まれ 東京都在住
2018年5月、咳が止まらなくなり、病院で検査→肺腺がんステージ4(リンパ節転移あり)と診断され、頭が真っ白に!手術・放射線治療もできず、抗がん剤治療を始める。
がんと分かったショックから、仕事を手放す。その後、孤独や経済的不安にさいなまれ、レジリエンス外来を受診。

自分の命に限りがあることが分かり、病気の経験を生かす生き方を目指し、がん患者への理解促進や、がん教育などに関心を寄せる。

2020年、会員となっていたキャンサーペアレンツから、秋葉原社会保険労務士法人を紹介され、就労。

現在は専門病院で治験に参加しながら、仕事や子育てに奮闘( `ー´)ノ。

「治療は一生続く」と宣告されるが、世のため人のために何かできないかと、模索しながら懸命に生きる。

 

座右の銘~支えてくださる周囲の方々に感謝♡

 

 

 

 

 

【お問い合わせ】
秋葉原社会保険労務士法人
電話番号:03-5822-7275
メール:info@aso-ex.jp
住所:〒101-0026 東京都千代田区神田佐久間河岸70 第二田中ビル52
営業時間:【営業時間 9:00~17:00】
定休日:【土・日・祝】

TOP